男のDIY道

カスタムツリーのペアリングインストール

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>カスタムトリプルツリーの取り付け準備

ベアリングの打ち込みにはオリジナルの工具で

カスタムトリプルツリーを取り付ける為に、下部ベアリングを打ち込む必要があります。これを打ち込む為にはスライディングハンマーなどの専用工具が欲しいのですが、これだけの為に工具を買うのもちょっと勿体無いですよね…そこでスライディングハンマーと同じ効果を得られるDIY工具を紹介します。

フォークトップからオイル漏れ

トリプル&フォークを車体から外しました。
フォークをさかさまにするとフォークトップ部分からフォークオイルが出てきました。(床のシミ)

フォークオイル漏れ防止

オイル漏れを防ぐために最初に外したトップ部のボルトを仮締めしておきましょう。

社外トリプル6度

これが今回取り付けたトリプルです。
パワートイズさんで注文した部品でハンドルロックも効きますので車体の全長等の構造変更申請をすれば車検もOKなので安心です。部品は

CCIカタログより
トリプル
部品番号:686202 商品名:RST Triple Trees with TUV for fxst
トリプルのベアリング(下部に使用分1コ)
部品番号:12264 商品名:Neck bearings
です。
参考までに。どちらも輸入代行してもらったので激安です。

トリプルツリーパーツリスト

コチラがパーツリストです。
これはサービスマニュアル・パーツリスト等の書籍を購入しないと付いていないので別途購入する必要があります。(結構高いです)

仲間が持っていたので拝借してパーツのならびを確認です。

外した部品の順番をきちんと覚えていれば特に必要は無いです。
純正トリプルから部品を流用するものが結構ありますので無くさないようにしましょう。

ダストシールド

これはベアリング下部のダストシールド(?多分こんな名前)です。
これはベアリングのグリスの受けになるのでベアリングを組み込む前に必ずインストールします。
この部品はハーレーディーラーにて購入。そんなに高くはないです。

ベアリング仮据え

次に新品のベアリングをトリプルに打ち込んでいきます。
まずは手で落ちるところまで降ろしていきます。

この下部に取り付くベアリングですが、純正トリプルから外して使っても問題ないのですが取り外す手間を考えれば新品を買ったほうが無難です。

ベアリング詳細 横から見た絵です。
ここから硬くなるのでインストールには冒頭で述べたようにスライディングハンマーなどの専用工具でベアリングを打ち込む必要があるのですが…
オリジナルスライディングハンマー

工具を買うのが勿体無いので自作の打ち込み機?でベアリングをインストールします。このためだけに工具を買うのが勿体無いので…

使用材料は鉄パイプとクローゼットのパイプなどをつける際に使用するパイプ受け金物です。鉄パイプは打ち込む際のスライダー代わりに、パイプ受け金物はベアリングをパイプで打ち込む際、傷つけないよう保護するための受けとなります。

ちなみに私の仲間でトリプルを交換している人は専用工具にてベアリングをインストールした人はいませんが、一応推奨としては”ベアリング打ち込み機”でインストールしましょう。(当たり前ですが…)

ベアリングはネックを支える大変重要な部品となるので傷つけたり斜めに打ち込んだりなど絶対しないように慎重に作業しましょう。

ベアリングの打ち込み

写真のようにパイプ受け金物をベアリング上部にセットし、その金物をパイプで叩いてインストールします。
一度に打ち込むのではなく、細かく何回にも分けて”トントン…”といった感じで打ち込みます。
下まできちんとインストールができるまで慎重に作業を進めていきます。
結構硬いので慎重に。

情報
車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
メニュー

純正トリプルツリーの取り外しへ戻る

カスタムツリーのインストールと完成へ進む

ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ