男のDIY道

トリプルを車体より取り外す

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>トリプルツリーを車体から取り外す

分解には段取りが大事

このページでは純正トリプルツリーの分解を紹介しているのですが、今回の場合はフロントホイールを外さずに作業しています。この方法は自分がやっておいて言うのもなんですが良い方法とは言えません。トリプルを取り外すためには最初にフロントホイールを外し、フォークをフリーにさせておく必要があります。

もちろん外さなくてもやれないことはないですが結果的にはタイヤを外して作業したほうがスムーズに進みます。はやり手順と段取りは大切です。

なにかのアース

ツリー部分に止まっているボルト類は全て外してしまいます。
このボルトには(工具で指しているボルト)配線コードが着いています。多分なにかのアース線だと思われますが、カスタムツリー取り付けの際は使用しませんでした。

アースはハンドルポストに

上記のボルトから伸びる配線コードはハンドルポストについています。
サービスマニュアルを見ない私にはなんの線なのかはわかりませんが、ハンドル類のアースを取っていると思われます。

ツリー周りの分解

ボルト類、ハンドルポスト、ヘッドライトを全て外したところです。
この後にトリプルを外していきます。

ジャッキはまだ効いてない状態(フロントタイヤに加重が多少かかっている状態)を維持しています。

作業を快適に進めるためには

実際に作業をしてみての感想になりますが、本来ならばこの段階でフロントタイヤを外し、(外し方はフロントフォークのバフ加工に挑戦に掲載)フォーク自体をフリーにしたほうが良い&作業の効率化も確実にあがりますので外すことをオススメします。

私はハーレーに関してフロント周りのバラシがはじめてだったので、この手順が面倒くさく(作業を進めていくと逆に外さないほうが後々面倒になります)外さずに作業しました…

フォークのナット

それではツリーをばらしていきます。
まずはフォークのトップナットを外しにかかりますが、これが結構な力を入れないと取れませんのでここも気合いが必要となります。

ナットサイズがかなり大きく、インチサイズのボックスレンチを調達するのが困難なのでミリサイズで対応しました。
ミリとインチは微妙に誤差がありますが、外せないことは無いです。ただし多少フィット感は悪いですが。。。
ちなみにサイズは38ミリ。

トップブリッジのナット ネックのトップナットも外します。(純正トリプルツリーにはこのナットがある場所にメッキのボルトカバーが付いていますが、これは反時計回りにねじれば取れます)ここは回り止めがありますので写真のようにマイナスでこじってツメを寝かせてあげます。
ここのナットもサイズが大きいのでミリサイズのボックスで対応。
サイズは35ミリ。
トップブリッジの取り外し 上記のナットを外すとトップブリッジが外れます。
気分爽快です。
ブリッジのロックナット トップブリッジを外すとロックナット(六角ではありません)が見えます。
これは外す専用工具がありますが、ここも我流でプライヤーで挟んで回してしまいます。これを取ることによって下部ブリッジが外れるようになります。
トリプルを車体より取り外す

私はフロントタイヤを外さずに取り外し作業をしましたのでこのままジャッキアップし、トリプル(フロント廻り)をごそっと抜いていきます。

トリプルをフォークから抜くためには、下部ブリッジとフォークをクランプさせている(純正はボルトを締めこむことによってクランプするようになっています)ボルトを緩めることによってトリプルとフォークがばらせます。

少々硬いのでプラスチックハンマー等で下から叩いてあげて少しずつ外していきましょう。

タイヤを外してからの作業の場合はトリプルを外す前に先にフォークをトリプルから抜いてしまいます。

情報
車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
メニュー

トリプルツリー取り外し準備へ戻る

カスタムトリプルツリートリプル取り付け準備へ進む

ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ