男のDIY道

ボルトオンパーツでトリプルツリーを交換

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>純正トリプルツリーの取り外し準備

作業概要

トリプルツリーの交換についてです。
今回はツリーを6度レイク、フォークの長さはストックのままでトリプルツリーのみの交換です。
ちなみに4インチオーバー+6度レイクだと少し前がカチあがり気味になります。2インチ伸ばしてもそんなに変わりないし…

そんなわけでとりあえず低くの方向でツリー交換をしていきたいと思います。

ツリー交換車両

まずは純正トリプルツリーを外していきます。
これがカスタム前の状態。
チョッパー好きにはフォークが起きているのが気になる部分ですね。

トリプル交換の為のジャッキアップ

まずはジャッキアップしておきましょう。
フロント周りを完全にばらしますのでジャッキアップは必須です。
安全のためにも出来れば二輪専用ジャッキで作業をしたいです。

私は2輪ジャッキと車のジャッキ×2を使用し安全に細心の注意を払って作業します。自分が下敷きになるのもイヤですが、愛車を倒して傷つけたくないですからね。

トップブリッジの配線

純正の配線類はこのトップブリッジの穴を通っているためにツリー交換の際は配線を取る必要があります。
タンクを外して(ずらして)タンク下にあるカプラーを外し、配線を抜いてあげます。

ブリッジ配線外し

ちなみに私は自作スイッチキットを作った際にフォーク横で線を切って繋いでありますので私はココを外しての作業となります。

タンクを外して…とやるのが面倒くさい方は配線を思いきって切ってしまっても良いかもです。

後の配線の処理をきちんとやればさほど繋ぎ目は目立ちません。
ギボシを使わないでキレイに繋ぐにはまずは線を絡み合わせて繋ぎ、それをはんだ付けして結合し収縮チューブで覆えばかなりコンパクトにまとまります。

ヘッドライトの取り付けボルト

ヘッドライトも外します。
ヘッドライトはツリー下のこの部分を外せばOKです。

かなり硬くとまっていると思いますので、気合いで外します。

高トルクをかける手段 高トルクをかける為の最終手段で私が用いる鉄パイプです。
これをやるとトルクはかなりかけることができますが、工具を傷める可能性も大。
諸刃の刃
ポジドライブ ココのネジ(ボルト)も外します。
これはフォーク部とブリッジ部を留めているものです。
これはプラスドライバーの穴に良く似ていますが”ポジドライブ”といって外すためには専用の工具が必要になりますが・・・・
ポジドライブの取り外し

そんな工具を買うのも勿体無いのでプライヤーで挟んで回しました。
結構簡単にまわるのでご安心を。

情報
車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
メニュー
トリプルツリーの取り外し(トップブリッジ)へ進む
ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ