男のDIY道

ワンウェイクラッチ(ギヤ)の交換と修理完了

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>オイルタンクとアッセン取り外し

交換そして完成へ…

いよいよ故障原因の根であったワンウェイクラッチ(スタータードライブギヤ)の交換になります。このギアの交換自体は非常に簡単ですので、スターターアッセンが簡単に取り外しできる車種ならなにも難しい修理ではありません。やはり難しいのはそこに辿り着くまでの工程です。

セルモーターアッセン全体

外したセルスターターのアッセンです。この中にセルモーターとギア類が入っているワケです。
まぁ特に感想はありません。なんとなく重いというだけ。

ワンウェイクラッチギヤ

これが新しいワンウェイクラッチのパーツです。
社外品で12,000円ほど。純正に比べると格段に安いです。
注文先はアンバーピースさん。
部品名はスタータードライブ
です。

部品が置いてあるカテゴリは
トップ>電装品>スタータードライブ
各種、各年式取り揃えているようです。

セル内ボルト

さてセルアッセンをばらしていきます。
写真に見えているボルトを外します。
プラスドライバーでもなんとか回せますが、なめる可能性があるので肉厚の薄いボックスレンチでボルトとして回したほうが無難です。

セル外ボルト

こちらのボルトも抜いてしまいます。

セルのギヤボックス するとワンウェイクラッチがあるギアボックスが開きます。
既存ワンウェイクラッチ

拡大したところです。
右側に見えるギアが今回故障したワンウェイクラッチ(スタータードライブ)です。
新品と見比べても全く悪い部分が見あたらないのですが、ワンウェイクラッチの不良とは目では分らないようなかなり微妙なものなんです。あとからショップさんに聞いたのですが、故障パーツと新品と見比べても違いがわからないくらいだそう。

一応確認の為に実験でもう一度清掃、調整して組みなおしてセルを回すと、またすぐに逝ってしまいそうな感じで回り方が頼りない感じでした。
この実験方法なのですが、車体は分解されているので確認はバッテリーの端子に直接セルを繋いでまわしてみます。

ギヤのグリスアップ

左側のギアにはこのようなパーツがあります。(おそらくベアリングの役目)
ついでなのでコレも清掃しておきます。

その後、ワンウェイクラッチ(スタータードライブ)を新品のものと交換し、グリスアップしておきます。

セルを戻す

後はばらした順序と逆に組み込むだけです。(といってもコレが難しいのですが)

コツとしては手順は勿論ですが、それだけでは取り付けできないものも必ずあります。
ですからパーツを外したときの力加減や外した角度などを体で覚えておくことも重要な要素です。

全体の組み上げ

配線、オイルタンクなど外したパーツを元に戻して完成です。

ハーレーのスターターの修理を終えて

今回の修理はソフテイル系の車体ということもあり、スターターアッセンブリの取り外しまでがかなり大変な作業でした。特にツインカムの場合はかなり厄介だそうです。エボの場合はオイルタンクを外さなくても”ずらす”だけでいけるらしいです。

ソフテイル系のワンウェイクラッチの交換作業はショップさんが言っていましたが
”素人レベルではかなり難しい作業”
だそうです。
確かにソフテイルフレームの場合は外すパーツ点数が多いですし、手間もそこそこかかります。
この修理はお願いすると工賃が高い作業といえますが、自分でやってみるとその値段設定で納得がいくものだと思いました。仲間のバイクでこの故障が起こって修理を依頼されても正直タダではできません。(あくまでソフテイル系の話です)

私もS氏も多少なりとも整備の知識があったからこそできた作業だと思いますので、整備初心者の方は無理にやらないほうが無難です。
また、分解したはいいが、逆に調子が悪くなっても自己責任ですし、万が一、組み上げられくなくなってからショップさんに頼ることは難しいと思います。自分が整備業をやっていたらそんな車両を持ってこられても困りますよね。

とは言いますが、この修理はソフテイルフレームを除く他の車種は、フレームの形状・アッセンブリの取り付け位置から推測すると、ソフテイル系よりかなり簡単です。(オイルタンクのばらしなどの作業がいらず、そのままスターターアッセンブリの取り外しができる)
外すパーツ点数が大幅に少ないので、多少整備に自信のある方なら難なく出来てしまうと思いますので、挑戦してみるのもいいかもしれません。

修理にかかったお金とショップに頼んだ場合の工賃

修理に出した場合
5万前後(値段にひらきがあるようです:パーツ代含む)ディーラーはそれより高いです。
自分で行った場合
パーツ代12,000円+S氏と共に飲んだコーヒー代
こんなところです。S氏に感謝。

情報
車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
メニュー
オイルタンクの取り外しへ戻る
ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ