男のDIY道

オイルタンクとスターターアッセンブリの取り外し

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>オイルタンクとアッセン取り外し

やっと本体が…

ツインカムソフテイルの場合、オイルタンクをつけたままのセルアッセンの取り外しは不可能です。(エボリューションは可能だそう)前頁で配線をばらしましたが、これでようやくオイルタンクが車体より外す事ができます。タンクが外れるとアッセンが露出し取り外せるようになります。

オイルラインの取り外し

次にオイルタンクを外す作業へ進みます。
まずはオイルラインを外します。
これはメッキのキャップを外し(ずらし)中にある黒のプラスチックのパーツをつまむことで引き抜けます。(ソフテイルの場合です)
簡単に引き抜けます。

オイルタンク取り外し

オイルラインを外したらオイルタンクを外しにかかります。
オイルドレンのラインとオイルのエンジン方向への行きライン(オイルタンク下部)はこの段階ではまだ繋がったままですので、オイルタンクをずらした際に引き抜きます。

付け根が締め付け金具で止まっていたと思うのでこれはニッパーで切ってしまいます。
取り付ける時は私の場合、金具の変わりに結束バンドでキュウキュウに締めてヨシとします。

オイルタンク取り外し完了

オイルタンクを降ろした直後です。
これでセルモーターアッセンが完全に見えました。

配線バラバラの様子

この通り配線はバラバラです。
ここまでの作業は結構大変で、ショップさんに頼んだら
”そりゃ〜これなら工賃取るわ…”
と納得できました。

オイルラインの様子 ばらしたオイルラインです。
かなり簡単に取り付いてる感があったのでその簡単な組み付け方に驚かされました。無残な姿です…
アッセン取り外し準備 さて、セルモーターのアッセンを外しにかかります。セルを留めているボルトは六角穴つきボルト(ヘキサゴンボルト)2本で固定されています。
アッセン本体取り外し スターターアッセンを引っこ抜いています。感動の一瞬です。
すべて取り外した車体

ごそっと外れた車体です。
スッキリしていてかっこいいです。このまま走らないかしら?

情報

車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)

メニュー

プライマリー内のばらしと配線取り外しへ戻る

ワンウェイクラッチの交換と組み上げ完成へ進む

ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ