男のDIY道

プライマリーケース側の分解とオイルタンク取り外し準備

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>スターターギアと配線の取り外し

手順を確認しながら徐々に分解

セルモーターのアッセンブリを外すためにはギア、オイルタンクなど様々な部品を外さなければなりません。また、オイルタンクを外すためには配線をばらさなければならないなど、それとは直接関係無いものまで手をつけるので、手順とパーツ取り付け位置を忘れないようにしましょう。

飛び込みギア

左写真部↑部がセルモーターアッセンについているギアです。
これがスタータースイッチを入れると受け側のギアに飛び込んで回すようになっています。

コレを取らないとセルモーターがごそっと取れないのでこれを外します。

飛び込みギアのボルト

トップ部にボルトがあるのでこれを外しますが、ギアと共廻りしてしまうのでギアは傷つけないように養生してプライヤーで挟みながらボルトをとります。
決して正しい方法とは口が裂けても言えませんがDIYレベルでは上等手段。

配線の取り外し

ここで整備相談役の助っ人S氏の登場です。
S氏は知識も豊富ですし頼りになる男です。ここから二人で作業を進めていきました。

検討の結果、オイルタンクを外す必要があり、オイルタンクを外す段取りをします。
オイルタンクを外す為には配線類を全て取り外し、バッテリーケースを外す必要があります。
(配線がバッテリーケースの穴を通っている為に配線を外す必要があります)

配線取り外し詳細

配線をばらしにかかります。外せるカプラーは全て外します。
ヒューズケースも邪魔なので外してフリーにしておきます。

シート下配線取り外し完了 シート直下部の配線は大体ばらせました。
この後、タイヤカバー裏に繋がっている配線をばらします。
タイヤ裏配線取り外し

リアフェンダー裏のタイヤカバーを外し、配線をばらしているところです。
ばらす手順は
素人最終奥義”外せるところから外す”
です。ただし、ばらした順序と場所は忘れないよう…

情報
車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
メニュー

ワンウェイクラッチの故障修理概要と序章へ戻る

オイルタンクの取り外しへ進む

ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ