男のDIY道

ツインカム(ソフテイル)エンジンオイルの交換

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>ハーレーのエンジンオイル交換

作業は簡単

ツインカムハーレー(ソフテイル)モデルのエンジンオイルの交換をします。ディーラーまで行くのが面倒くさい!ディーラーだと高い!そういう時は自分で交換してしまいましょう。作業はなんら難しいものではありません。

エンジンオイルの交換目安は3000キロ〜5000キロ毎、または季節の変わり目サイクルで交換していければベストです。

オイル交換対象車両

はじめに車体を水平に保ちます。
とはいっても、左右方向のみ水平ならとりあえず問題ありません。
極端に前上がりでない以外はケツ上げて前後まで水平を保たなくても大丈夫です。ジャッキは写真の位置で。
車用のジャッキで十分用は足りますが、二輪用ジャッキは持っていたほうがよいです。
ちなみに車が前後しないように一速にギアは入れておきます。

道具準備

用意するものです。
左からオイル受け・廃油処理箱・オイルジョッキ・エンジンオイルです。
最低限これだけは必要ですので買い揃えておきましょう。オイル受けはなるべく薄いもののほうがいいですね。
奥に見えるのはキティちゃんのヒーターです。暖かく、かつ、かわいいというスグレモノなんです。寒いときの必需品です。これも持っていると非常に重宝します。

さて、ここまでそろったらDIYオイル交換の始まりです。

レブテックエンジンオイル

今回使用するエンジンオイルです。
これはレブテック社のもので比較的安価で手に入ります。
1本約945mlです。(1クォート)
ハーレー純正オイルの場合、1本約1500円ですがこれなら半分以下の価格で買うことができます。

ドレンボルト位置

写真のさしがねの先がドレンボルトのある位置です。

ボルト詳細位置

拡大したところです。
指差し部分がオイルが通る道です。このホースの裏側にドレンボルトがあります。

オイル抜き

ドレンボルトを抜いてオイルを出します。うまく抜くコツとしてはエンジンオイルを抜く前にある程度走っておいてオイルをやわらかくしておく事です。
こうする事によりエンジンオイルがスムーズに抜けるようになります。
また、注入側のキャップも外しておいて下さい。
ひとつ注意したいのは、走ったばかりですからドレンボルトを外す際マフラーでヤケドしたりということがよくありますので注意してください。オイルも熱くなっていますので注意が必要です。

ドレンボルト ドレンボルトです。
ここには先端部に磁石が付いていてここに金属片等付着するようになっています。これはパーツクリーナでキレイにとっておきます。
オイルの廃棄

エンジンオイルの処理の様子です。
私の場合、4000キロ毎又は季節の変わり目にオイル交換をするようにしていますが結構汚れています。
汚れは目立たなくともオイルは常に劣化しますので、ページ冒頭で書いたとおり、最低1シーズン毎には変えておきたいものです。夏と冬では劣化の具合も変わりますしね。

廃油はきちんと廃油処理箱に捨てましょう。この廃油の処分は各自治体で違いますので要確認です。ちなみに私の地域では可燃ごみ。

新品オイル注入 オイルを抜き終えたらドレンボルトを締め、新しいエンジンオイルを入れてきます。オイルタンクの容量は3.3Lですが、フィルター交換をしないのであれば2.5本位(2.5L位)が目安になると思います。最初の2本はそのまま注ぎ口に挿して入れてしまいましたが、特に問題はありませんでした。
オイル量の目安 オイルを入れる目安としては、注ぎ口の溶接部分位までです。中を覗き込めばわかると思います。このライン付近にきたらオイルの量をレベラー(ディップスティック)でチェックします。
ディップスティック 私の場合ですが、スティックのオイル上限ラインと下限ラインの真ん中にオイルのレベルがくるようにします。
オイルの量は少なすぎるのもいけませんが多すぎてもいけません。
オイル量最終確認

オイルをレベラーでチェックし終えたらエンジン内にオイルを潤滑させる為にプラグコードを抜いてセルをまわします。(この時アクセルはあおらないで下さい。)

この作業をセルを回している状態の時のエンジンオイルのチェックランプが消えるまで行います。(セルを回さないとランプは必ず付いていますので勘違いなさらぬよう…)フィルター交換をした場合はこのセルをまわす時間量が結構ありますのでびびらずやってください。
セルのまわし方は5秒まわして5秒休むといったように間隔をあけて行います。チェックランプが消えたのを確認したらプラグコードを付け、エンジンを始動させてください。
1分ほどエンジンを回したら最終的にレベラーでオイル量をチェックし、少ないようでしたら規定量まで足してください。最後にドレンボルトからの漏れが無いかチェックを忘れずに行います。

情報
車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
メニュー
オイルフィルター交換へ
ミッションオイル交換へ
プライマリーオイル交換へ
ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ