男のDIY道

ツインカム(ソフテイル)プライマリーオイルの交換

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>ハーレーのプライマリーオイル交換

プライマリーオイルも忘れずに

プライマリーオイルの交換はミッションオイルやオイルフィルター同様にエンジンオイル2回毎に1回交換です。なんとなく存在感が薄いオイルですが、エンジンとミッションとをつなぐ大切な役目である”プライマリー”のオイルなので忘れずに換えるようにしましょう。

クラッチインスペクションカバーのパッキンに関してですがオイル交換毎に取替えるのを推奨していますが、意外と高いのでオイル交換毎に交換するのは痛い出費です。私の場合は3回に1回の割合でパッキンを交換していますが、これくらいのペースで十分だと思います。

ミッションオイルとプライマリーオイル

使うオイルは、やっぱり恒例のレブテック社製のモノです。
向かって右側がミッションオイル。
左はプライマリーオイル。
ミッションオイルは80W90です。

プライマリードレン

プライマリーオイルのドレンボルトはプライマリーケース下部
写真手の位置にあります。六角レンチで外れます。

プライマリーオイル抜き

プライマリーオイルが抜けたら写真位置のクラッチインスペクションカバーを外します。
ちなみにプライマリーチェーンの調整はその前にあるプライマリーチェーンインスペクションカバーを外し作業を行います。

プライマリーパッキン

カバーが外れました。ここには写真の手に持っているパッキンがあります。 出来ればこれも交換したほうがよいでしょう。ディーラーに行けば売っています。

値段は
「え?これってこんなちゃっちくてこの値段!?」
という値段です。2000円位??「高っっ!!」って思った事は確かです。
ツインカムから値段が上がったそうです。
オイルの注入はここから行います。

プライマリーオイル量の目安

プライマリーオイルは写真指の部品(すんません名前知らないです。)が 下の部分で少しオイルが浸る位の量です。かなり見にくいのですが・・・
矢印の位置から量を確認します。

ちなみにソフテイル系のプライマリーオイルの容量は約0.77リットルですが、そんなに入りませんので規定量入らなくてもご安心を。また、プライマリーオイルは、多少なら少なくても問題ありません。

プライマリーオイル注入

プライマリーオイルの入れ方は先ほどの指で指している部品からオイルをつたわせる感じで入れていきます。
こうして入れる事によってこぼさずうまく入れれます。

プライマリーオイル量確認

プライマリーオイルにはディップスティック等オイル量を量るレベラーがありませんので、 目視で先ほど言った部品がオイルで浸っているかどうか確認します。見にくい場合はLEDなどの懐中電灯で見ると見やすいです。(どちらにしても見にくいです)

先ほども言いましたがちょこっと浸っている位で良いです。
なにも入っていないのでは問題ですが、それなりに入っていれば大丈夫ですので、さほど気にしなくても大丈夫です。

確認したら元のようにカバーをつけて終了です。
最後にドレンボルトから漏れが無いかチェックしましょう。

情報
車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
メニュー
エンジンオイル交換へ
オイルフィルター交換へ
ミッションオイル交換へ
ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ