男のDIY道

ツインカム(ソフテイル)オイルフィルターの交換

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>ハーレーのフィルター交換

オイル交換2回に1回はフィルターを換える

ここではオイルフィルターの交換手順についてです。オイルフィルターの交換はエンジンオイルを2回変えるごとに1回換えます。フィルターはインターネットから社外品で安く手に入るのでそれを利用するのが良いかと思います。

交換の注意点としては、締めすぎに注意します。手で締まるところまで締め、そこからレンチで軽く締め付ければOKです。また、フィルター交換の際はオイルで車体・作業床が相当汚れますので新聞紙などで養生しておくと良いです。

フィルターはずし

オイルフィルターの交換はエンジンオイルを抜き終えてから作業します。フィルターですが、これは気合で手で回せます。(かなりぎりぎりの攻防ですが)

写真はS氏ですが、彼はフィルターレンチを使わないで気合で手で外しています。
オイルが漏れてきますので新聞紙等を下に敷き、養生しておきましょう。

オイル注入

交換する新しいフィルターには、あらかじめオイルを満たしておきます。これはフィルターの8〜9割まで入れてください。

パッキンにオイルを塗る

次にフィルターに着いているゴムパッキンがあるのですが、これにオイルを塗っておきます。これはゴムパッキンの劣化やオイル漏れ等にからんできますのでキチンとやっておきましょう。

フィルターの手締め

最後は取り付けです。
取り付けの際、最初にフィルター内にオイルがいれてありますので多少こぼれるかと思います。なるべくこぼれないよう手早く行いましょう。

フィルターの締め付けですが、これも気合で手締めでぎりぎりの攻防をします。基本はまず手で締まる所まで締め、その後フィルターレンチで
1/4回転くらいだけまわします。
そんなんでいいの?と思われるかもしれませんがそれ以上だと締めすぎになってしまいます。

情報
車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
メニュー
エンジンオイル交換へ
ミッションオイル交換へ
プライマリーオイル交換へ
ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ