男のDIY道

車体とハンドル埋め込みスイッチの配線処理

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>配線つなぎの完成とライトスイッチの検討

配線の保護は忘れずに行う

配線を繋ぐためにはギボシを使うのが簡単です。しかし、コードのカバーを取り付ける前にギボシを付けてしまうという間違いをすることが多々あります。カバーがギボシより大きい場合はギボシ取り付け後でも装着できますが、そうではない場合は配線を切ってやり直しをしなければならないので注意が必要です。

配線のつなぎ方はギボシを使うのが一般的ですが、コード同士をはんだ付けする方法もあります。このほうがコンパクトにまとまるという利点がありますが、万が一また外したい場合には配線を切らなければならないというデメリットもありますので、どちらの方法を選ぶかは事前に検討しましょう。

ギボシと保護カバー

配線を繋ぐギボシにつける保護カバーです。
通常は右のカバーを付けますが、コンパクトにまとめるために熱収縮チューブで代用することにしました。

ギボシにて配線

配線を繋いだところです。
同じ箇所で繋ぐとそこばかりがモッコスするのでなるべく継ぎ目が重ならないように少しずつずらして繋いであります。
ギボシは通常タイプのものを使用していますが、後にスイッチを購入したマルツ電波へ行ってみると…もっと小さいタイプのギボシが売っていました。恐るべし…マルツ電波!!

車体左側の配線

反対側の配線もぶっつり切って繋いでいきます。

取り付け完了

はい、完成です。
展開が早い?

電気チェッカー

配線作業の際の注意点です。

・ギボシの保護カバーの付け忘れ
これはギボシを取り付ける前に必ず通しておくものです。熱収縮チューブならギボシを付けてしまった後でも十分取り付け可能です。私はこの保護カバーをよく忘れます。

・印をしてあった配線を確認する前に切ってしまった為、何の線かわからなくなってしまう
これもよくある事です。私も印をつけた配線をまとめてぷっつり切ってしまったのでわからなくなってしまいました。そんなときに役立つのがこの道具!!これがあればそんな時でも安心です。

使い方は、写真矢印にアラームマークが付いているのですが、その位置にスイッチをセットし、任意の配線に黒、赤を繋いで対象スイッチを入れたり切ったりします。
アラームが鳴ればそのコードとコードはそのスイッチの配線だとわかります。鳴らなければどちらかが違うスイッチの配線(もしくは断線している)ということになります。これらを繰り返すことによってわからなくなってしまった配線を見つけ出すことが出来る訳です。
このアイテムはかなり活躍します。購入はマルツ。マルツさんにはお世話になりました。これはホームセンターでも売っています。

ヘッドライトのスイッチ検討

さて、次に予定ではハンドルに付くはずだったライトのHI、LOWスイッチの取り付けです。どこに付けようかなぁ…

ホーンカバー 検討の結果、ホーンカバーに取り付けてみることにしました。
ここに穴を開け、ミニスイッチを取り付けていきます。
情報
車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
メニュー

ハンドル周りの配線コードのつなぎへ戻る

ライトスイッチの完成へ進む

ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ