男のDIY道

ワイヤーと釣り糸を使ってハンドル内に配線を通す

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>ハンドルバー内配線の中通し2

複雑な工程と同じ作業の繰り返し、だが手順は必ず守る

釣り糸がハンドル内に通ったらあとはひたすら同じ作業の繰り返し。こんな時についつい忘れてしまうのが正しい工程。ここで手順と工程を守らないと面倒くさい事になりますので注意しましょう。

ワイヤーと釣り糸を結ぶ

ワイヤーを通したら次にワイヤーに釣り糸を一本縛りつけ、外れないようにテープを巻いて固定します。
縛り付けるのは釣り糸が通ればグリップ側でもポスト側でも問題ありません。

ワイヤー使用終了

釣り糸を縛り付けたワイヤーを引き抜いて釣り糸をハンドル内に通します。
これでワイヤーの役目は終わりです。
短い役目ですが非常に重要な役割ですのでワイヤーには感謝の意をきちんと伝えておきたいところです。

※写真ではすでに配線コードが一本通っていますが、本来ならばこの段階でワイヤーを使うことはありません。これは釣り糸を通した際に通したはずの釣り糸が抜けてしまったので再度ワイヤーを通し、引っ張り用釣り糸を再び通している様子です。

釣り糸の固定

釣り糸はちょっとしたスキにハンドルから抜けてしまいますので、テープでハンドルに留めておきます。

釣り糸と配線

無事釣り糸が通ったら次にその釣り糸と配線コードを結びます。
釣り糸は配線コードの皮膜に食い込んでくれるために多少無理して引っ張っても外れにくいので複雑な形状のハンドルバーには最適です。

中通しの為の配線処理

釣り糸の詳細についてです。
中に通そうとしている配線には引っ張り用の糸(ワイヤーで通した釣り糸の事)と次の配線を引っ張るための糸と2本結びます。

次の配線を引っ張るためにも釣り糸が欲しくなるために配線コードを通す際に同時に次の配線コードを通すための段取りもしておくということですね(´▽`*)

コードの先にテープが巻いてあるのは先を細くし、ポスト側の穴に通りやすくする為と、カーブをスムーズに曲がる為です。

中通し作業風景

いよいよ配線コードをハンドル内に通していきます。
通すコツは釣り糸を引っ張りながら配線コードを押し込むことです。
角部分で詰まる時がありますが、無理して引っ張らずに釣り糸とコードを押したり引いたりしていると簡単に通ります。

でも配線コードに釣り糸を縛るのが結構手間・・・
ですが、コレしかいい方法はないと思いますので手間を惜しまずやりましょう。
ワイヤーに配線を結べばいいじゃん!
と思うかもしれませんが、ワイヤー×コードを結ぶのは結構無理がありますし、結ぶ事ができたとしても線が太くなってしまいますので中で詰まったり、外れやすいです。(私が失敗済)

情報
車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
メニュー

ハンドル内配線の中通し1へ戻る

配線の中通し3とスイッチ引き込みへ進む

ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ