男のDIY道

クラッチケーブルをミッションケースカバーから取り外す

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>ミッションケース側取り外し

クラッチケーブルはミッション側、ハンドル側と両方をとらなければなりません。やり方は非常に簡単です。

 ボールベアリング

ミッションケースカバー内にはこのようなボールベアリングもありますので傷つけたり無くさないようにしましょう。

カバーをねじる

さて、次に上記写真のパーツから外されたクラッチケーブルをカバーから外していきます。
ケーブルはカバーにねじ込んであるので取り付け部のナットを緩めてカバーをくるくる回せば外せます。

本体からのケーブル取り外し

カバーとクラッチケーブルが外されました。これでミッションケース側の作業はひとまず完了です。難しいところはスナップリングを外すところ位でしょうか。これが専用工具を使っても結構硬いんです。

ワイヤー取り外し状況

あとはケーブルを車体本体より外していきましょう。

クラッチレバー側取り外し準備 次はクラッチレバー側を外しにかかります。
レバーの取り外し

まずはレバーが取り付いているこの部品のネジを外します。

情報
車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
メニュー

クラッチケーブルの交換1へ戻る

取り外しと完成へ進む

ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ