男のDIY道

クラッチケーブル(ワイヤー)の取り外し

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>ケーブルの取り外し

ちょっと面倒な交換作業と交換のタイミング

ハンドルを高さのあるものにしたり逆に低いものにした時、ハンドルポストを変えた時などにクラッチケーブルの交換は必要になってきます。
多くの国産バイクの場合は取り付け部が外に露出している為に交換作業は楽ですが、ビックツイン、ツインカムファミリーの場合はクラッチリリースカバー内に納まっているのでこれを分解する必要があり、少々面倒臭いです。

ケース内にケーブルが納まるということは、ケースをばらす→必然的にミッションオイルを抜かなければならない(オイルの交換)ので、換えるタイミングとしてはオイル交換の時に行うとロスが少ないです。

クラッチワイヤー取り外し位置

ハンドルを替えるためにクラッチケーブルの交換をショップに頼むということはよくある話ですが、今回はDIYでチャレンジしてみます。

準備するものは
ミッションオイル、任意の長さのクラッチケーブル、クラッチリリースカバーガスケット、スナップリングプライヤー、気合と少しの勇気

です。

クラッチリリースカバー取り外し

まずはクラッチケーブルが取り付いているクラッチリリースカバーを外しますが、この前にミッションオイルを抜いておきましょう。
関連:ミッションオイルの交換

カバーを外す時、ボルトがかなり硬かったので必殺メガネレンチ掛けでフンガーと気合を入れてトルクをかけて外しました。おそらくねじロックがうってあるのでしょう。

クラッチリリースカバーオープン

カバーが外れました。周りに黒く見える枠がクラッチリリースカバーガスケットです。
このガスケットはカバーを空ける毎に交換したほうが良いです。

ミッションケースはゴミなど入らないように細心の注意を払いましょう。

カバーとワイヤー詳細

外したカバー側を撮影してみました。
左に見えるワイヤーがクラッチケーブルです。

カバーとワイヤーの関係 カバーとミッションケースはこのような感じで組み合わさっているのですね。
ちなみに抜け切らなかったミッションオイルがこぼれてきますので、ミッション下にオイル受けを置いて作業しましょう。
私はミッションオイルを先に抜かずにカバーを外してしまったのでオイルがだ〜だ〜に漏れて大変なことに。。。
スナップリング

クラッチワイヤーが取り付いている部品を外す為にスナップリング(手に持っているワッカの部品)を外します。これを外さないとクラッチケーブルは外れません(多分ね)
このスナップリングはスナップリングプライヤーで外します。

この専用工具はホームセンターのペンチ・プライヤー類が置いてあるところにスナップリングプライヤーという名前で置いてあるので簡単に手に入ります。値段はピンきりですが1,000円くらいと思ってください。これはかなり重宝します(スナップリングを使っているところが多い)ので持っていたい工具です。

情報
車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
メニュー
クラッチケーブルの取り外しミッションケース側へ進む
ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ