男のDIY道

ツインカムハーレーブレーキパットの交換のやり方

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>パットの取り外し

ブレーキは命を預ける大切な機能

ブレーキパット交換をやっていきたいと思います。ツインカムモデルの場合はパット交換は難しいものではありませんが、ブレーキパットの交換は命を預かる重要部品の為、ご自分で作業する際は経験者と作業することが望ましいです。とは言っても簡単ですが…
個人で作業を行った場合、 それに伴って発生した事故等責任は自己責任である事をご理解ください。

パットの取り外し

ブレーキパットの取り外しには純正工具には無い1/4インチの12ポイント(12角形)が必要になります。これはあらかじめ買うなどして準備しておいてください。
パットの種類も年式・車種により様々なので、買う際は品番と対応車種をよく確認しましょう。

パット交換対象車両

今回は後ろのパット交換をしていきます。FXSTは前後とも同じブレーキパットなのでやり方は同じです。 手順さえ解っていれば難しいものではありません。
時間にして30分もあれば出来てしまいます。

べスラブレーキパット

今回取り替えるパットです。べスラ社製のパットです。
純正のパットはあまり効きが良くない印象があったので、日本製のパットを使用する事にしました。 送料あわせて5000円位でした。他メーカーに比べるとちょっと高いですがブレーキの効きは命に関わるので、いいものをチョイスしました。 ハーレー純正は6000円(工賃込みかな?)と言っていましたので純正に比べれば安く済みます。

べスラのパットはコチラで購入できます→べスラハーレーパット
注文の際は品番を確かめてください。

必要工具

使用する工具です。サイズは1/4インチで12ポイント(12角)のモノを使用します。 私はメガネを使用しましたがボックスの12ポイントがあればベストです。工具は525円でした。 本当はボックスを買おうとしたのですが、工具屋さんにに「在庫はこれしかねえよ」 と言われたのでしぶしぶこれにしました。

そのほかの工具としてはドライバー(ピストンを押し戻す際使用) プライヤー(ピンを抜く際使用)だけあれば交換できます。

固定ピン

パットを取り外すにはこの指で指した2本のピンを抜くだけです。
なんてこた〜ないです。

ピン取り外し

このピンを緩めていきます。2本同時進行で緩めていきます。
このボルトは12ポイントの工具でないとフィットしませんので注意です。

ピンの抜き方

このピンによってパットは固定されています。ですからピンを抜く際、 多少固いのでプライヤーで引っこ抜いてあげます。この時、ねじ山をつぶさないように注意してください。

本体より取り外し ピンが抜けるとパットがフリーになります。ゆびでほじくるようにしてやれば簡単にパットは取り外せます。 多少固い場合もありますのでその場合は隙間にドライバーを挿し込んでこじってあげれば出てきます。
新・旧見比べ

使用済みと新品の比較です。
パット交換の目安はパットの残量が最低でも2〜3ミリになったら要交換です。 見た目に厚く残っていたとしても、パットが真っ直ぐローターに当たっているとは限りません。

見比べ詳細 横からの写真です。
私のパットも斜めに当たっていました。少ないところでは1ミリ位しか残っていませんでした。 パットが薄くなるとその摩擦熱がブレーキオイルに伝わり易くなってしまい、 オイル内に気泡を生じブレーキが効かなくなってしまいます。
また、ローターを痛める原因になってしまうので早めの交換をお勧めします。 ローターを痛めると高くつきますので早めの対策が吉です。
情報

車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)

メニュー
ブレーキパット取り付けへ進む
ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ