男のDIY道

ブレーキオイルの交換に伴うエア抜きのやり方

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>ブレーキのエア抜き作業について

エア抜き作業にはコツがある

ブレーキオイルにエアーが入っているとレバーを握ってもスカスカになってブレーキが全く効きません。また、エアーが完全に抜けきっていない場合も多々あり、この場合はブレーキが効き始めるまでのロスがあります。(ブレーキレバーを深く握らないとかからない)
念には念を入れて、エアーが抜けきったと感じでからもう1〜2回ほどエア抜き作業をして完璧に仕上げてください。ブレーキが効かない事は命に関わります。

また、マスターシリンダーとエア抜きのためのキャリパー上のボルトの位置関係は距離があるので二人で作業するほうが楽です。

ブレーキエア抜きボルト

ブレーキのエア抜きはキャリパー上部についているこのボルトで行います。

エア抜きの手順 ブレーキオイルの交換(オイルの送り込み及びエア抜き)手順です。
  1. 上記写真のボルトを緩めます。
  2. ブレーキオイルがある程度ホース内に流れ込んでいきます。(流れ込まない場合もあります)この時、フルード(オイル)がシリンダー内に常に残っているように足していきます。常に満たされているよう注意を払ってください。
  3. エア抜きボルトを緩めたままでレバーを数十回握ります(この作業がブレーキフルードをホース内に送り込む)ブレーキフルード量注意!
  4. レバーを握ったままでエア抜き用ボルトを締め込みます。
  5. 締め切った後、また数回レバーを握ってみます。
  6. レバーが重くならなかったら3からの作業を繰り返します。
これをレバーが重くなるまで続ければエア抜き完了です。
ブレーキオイルのエア抜き注意点

エア抜きの注意点としては
1.エア抜き用ボルトには必ず”メガネレンチを使用する”(ボルトをなめ易い)
2.左写真に説明があるようにボルトに透明なホースを付けてフルードの散乱を防ぐと共にエアが抜けている様子がわかるようにする。(ホースは金魚や熱帯魚の水槽で使うホース類が安くて流用できるのでオススメ)
3.マスターシリンダー側からもエアーが出てくる場合がありますのでフルードの吹き返しに注意(シリンダーの蓋を仮締めする等吹きこぼれの対策をとる。この場合、オイル残量が確認できませんので常に注意を払ってください)

以上に注意すればブレーキフルードの交換はそんなに難しいものではありません。
できればレバーを握る側とボルト締める側といったように二人で作業を行うと仕事も早いです。

ブレーキオイルのエア抜き完成

で、完成!

情報
車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
メニュー
マスターシリンダー交換の概要へ戻る
ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ