男のDIY道

社外マスターシリンダーのボルトオンカスタム

男のDIY道ホームハーレーカスタム&メンテナンス>ブレーキマスターシリンダーの交換

ハンドルまわりをメッキ製品で豪華にみせる

自作スイッチのカスタムを進めていくうちにハンドル周りをもっとスッキリさせたくなってくるのが人間というもの。
と、いうわけでフンパツしてフロントブレーキマスターシリンダーも交換してしまいます。
カスタムした本人以外、意外と誰も気づかない(現に気づく人が少なくて悲しいです…)のでかなり自己満率が高いカスタムと言えますが、ま、カスタムなんてそんなもんですょ…

ひとつ注意点なのですが、本来ブレーキ等の制動系の整備は資格を持った人が行なわなければならない作業です。ブレーキカスタム作業をご自分で行った場合の整備不良によるトラブル等は自己責任であるとご理解願いますm( __ __ )m

パフォーマンスマシン製マスターシリンダー

今回使用したマスターシリンダーです。
パフォーマンスマシン製フロントマスターシリンダー クロームメッキです。
メッキの輝きが美しく、且つシリンダーも小さいのでスッキリさせるハンドルカスタムにはもってこいのアイテムです。

パフォーマンスマシン製マスターシリンダー ボア9/16(ツインカムソフテイルの純正ボアと一緒です)クロームで
50,000円弱くらいです。
購入はアサヒリサーチさん。

純正のバンジョー

写真は純正シリンダー用バンジョー(アダプター)です。
これは今回使用するパフォーマンスマシン製マスターシリンダーのバンジョーボルトには合わないので交換となります。(バンジョーとは左写真のパーツバンジョーボルトとは、これを固定するためのボルトを言います)

カスタム使用バンジョー

PM用のマスターシリンダーに取り付けたバンジョーです。(写真はバンジョー取り付け例を示す為に通常のバンジョーボルト固定にての撮影)
今回使用したPM製マスターシリンダー用のバンジョーボルトは3/8(約9.5ミリ強)ということで、バンジョーは国産10ミリ用バンジョーボルト用を流用しました。1,000円弱です。(左写真灰色の部品)
近くのバイクショップにて購入。

ブレーキランプスイッチ付きバンジョーボルト

ブレーキランプのスイッチも純正を外すと無くなってしまいます。

純正の場合はブレーキレバーのところにスイッチが付いていますが、これがPM製のブレーキレバーには純正のようなスイッチ機構が付いていませんので、ブレーキフルードの油圧でスイッチが入るような”ブレーキランプスイッチ付きバンジョーボルトに変える必要があります。

グッドリッジ社製バンジョーで4,500円くらい。
コチラもアサヒリサーチさん。

マスターシリンダー内部

マスターシリンダー内部です。ここにブレーキフルードを注ぎ込んでいきます。

ハーレーブレーキオイル

ブレーキフルードはハーレー純正を使います。(DOT-5)
お値段は3000円チョット。高いっす。

ブレーキオイル注ぎ口

フルードのボトルにはアルミの蓋があります。
全部外すのではなく、一部分に穴を開け、そこから注ぐようにします。

ブレーキオイル注入



ブレーキフルードを注いでみました。
純正フルードはきれいな紫色をしています。
これが古くなると、黄色に変わります。

情報
車とバイクの整備工具を探す

カスタムパーツと用品を探す(クラブページ)
メニュー
ブレーキのエア抜きのやり方へ進む
ハーレーDIYカテゴリメニューへ戻る
男のDIY道トップページへ